ビデオ

変わりゆくエリア

Share to Facebook Share to Twitter Share by Email

InterContinental Beijing Sanlitun(中国/北京)が位置する三里屯は外交官が居を構える閑静なエリア。今では北京のトレンディスポットとなったこのエリアを上空から眺め、中国の発展に伴い変化を遂げた街の歴史について、アートディレクターのフィリップ・ティナリさんからお話を伺いました。

Share to Facebook Share to Twitter Share by Email
 

人気の記事

 
水玉の宇宙:草間彌生の作品を集めた美術館が東京にオープン

今や時の人ともなった草間彌生。東京を拠点に活動し、水玉模様の…

岩山と海と空が調和するベトナムの景勝地、ハロン湾

ハロン湾は、約750万人が暮らすベトナムの首都ハノイからほど…

食の都・大阪のグルメを探訪する

旅先で地元ならではの食材を使った郷土料理を味わうことは、旅の…

アジア随一の洗練されたカクテルシーンへと成長を遂げた街、シンガポール

まずここで問題です。世界にその名を知られるニューヨークの隠れ家バーが、2店舗目の出店計画において選んだ都市はどこでしょうか。サンフランシスコ、ロンドン、パリ、それとも東京だと思いますか?長きにわたりマンハッタンを代表する洗練されたバーの地位を誇ってきた名店エンプロイーズ・オンリー(Employees Only)にとって、選択肢はひとつ、シンガポールでした。